ペニスも心もへにやりとして悲しそう

セックスだけは相性が良くて結婚をしてしまってずるずると婚姻関係が続いている夫婦もいます

ラブレタ-とは行かないまでも、自分の氣持ちを文字にしてみたことはないでしょうか。面と向かってはうまく伝えられないことでも、文字にすると落ち着いて書くことができて、自分の思いを伝えることができるのではないでしょうか。実際に顔を見ると、言いそびれたり、言い残したり、言えなかったりすることもあるでしょう。それを手紙にすることで、伝えたいことのほとんどが書けるのではありませんか。ここに、セックスレスを解消してきた夫の手紙があります。

  • 筋肉にしっかり重量がかけられない
  • ペニスの亀頭と同じくかなり敏感です
  • 筋トレしている人々は全体から見るとさらに痩せている人が多い

射精できるのかという感覚が簡単につかめてきます

自分の思いを妻に伝えることで、妻の心を溶かしてきたのです。彼らはまず自分の氣持ちを手紙にすることで、セックスレス解消の第歩を踏み出しました。落ち着いて手紙を書くために机に向かう、それだけで自分の氣持ちが整理できる。手紙にはそんな効果があります。ここで注意していただきたいのは、彼らは確かにセックスレスを解消して来ましたが、セックスレス解消の結果は様々であったということです。セックスレスの原因や状況が人それぞれであるのと同じように、解消の結果も人それぞれです。

筋肉までも緊張する
筋肉までも緊張する

勃起MAだけではないですよね?

さらに、万が一家庭外ではけ口を見つけてしまったら、もう家庭で嫌々股を開かれても見向きもしません。そんな状態になってから、あわててセックスレスだ、浮気だと騒ぐ女性がいます。残念です。きちんと愛し合い向き合っていたら、そんなことにはならないでしょうに。独りよがりにこうすれば気持ちい。また、週,回以上のセックスがあったとしても、それが半ば強引にことに至るような場合や、男性が独りよがりで自分が言ったらさっさとおしまいと言うものや、だろうとか、こんなことして欲しいあんなことさせて欲しいと自分の趣味を満たすことばかりしていると、女性はどんどん心が萎えていきます。

筋肉の力を出す方向になっていて縦に並んだ

最初は求められることが嬉しくて応じていても、段々と面倒になっていきます。男性はそう言う女性の気持ちにきちんと気づいてあげなければなりません。そうしないと段々と女性から拒否する頻度が増えていって、最後は相手をしてもらえなくなりますよ。セックスを求める頻度については、女性からの求める回数が多い分についてはそれほど問題はないと思います。男性は応じれる限りきちんと勃起させて応じればよいのですから。

セックスの中できちんと向き合ってくれることなのです

だって、結婚したもの同士が、パートナーに触る気もないし、触られたくもない。そういう状態の中、形だけの共生が続くのは何だか奇妙だし、もっと言うと、おぞましいことと思いませんか。先にもお話しした通り、結婚はセックスによってつながっている部分が大きい人間関係と言えます。結婚後のセックスとは親密性(インティマシを表現する行為。そばにいると安心する。抱きしめていると気持ちがいい、互いに触れ合い、つながりを感じていたい…。つまり精神的な信頼感や連帯感。それを示し、感じる行為。

EDを改善した方法です
EDを改善した方法です

セックスレス予防の一つはマンネリにならないことです

これが結婚後のセックスの意味合いとして大きいのです。プライバシーである性を相手に委ねるということは、やはりその人に対する信頼と愛着がなければ絶対にできません。なくなるような「きっかけ」が何かあったのではないでしょうか。セックスが失われ、セックスレスに陥っているのであれば、相手に信頼を持てセックスレスに陥ってしまう原因やきっかけはほんのささいなことであることも多いです。例えば、自分が病気のときや辛かったときに慰めやフォローもなく、ぞんざいに扱われた、約束を破ったのに謝りもしない、顔も見ようとしない、体型や容姿、性に関することでからかわれた、子どもがいれば子育て観友達の前·人の前でイジられた、どうしても許せなくなったりします。